開放軽減機構付き鋼製ドア

  1. トップ
  2. ドア
  3. スチールドア(ビル用)
  4. 開放軽減機構付き鋼製ドア
  5. 開放軽減機構付き鋼製ドア
    エア・バランサー
開放軽減機構付き鋼製ドア<br>エア・バランサー

スチールドア(ビル用)開放軽減機構付き鋼製ドア
エア・バランサー

扉単体で火災時の避難経路の安全を確保。圧力差による開閉力を軽減する扉がエア・バランサーです。

製品詳細

地震大国日本では近年BCP対策が急速に進み、非常時の安全確保への取り組みが求められています。
特に地震による火災の対策には大きな注目が集められています。このようなことから、平成21年9月に加圧防排煙の告示(国土交通省1007・1008号)により、送風機稼働時の扉の開放力を「100N以下」と規定されました。火災時の避難経路安全、消防活動に有効な、圧力差による開放軽減困難を解消する防火戸を開発しました。それが、開放軽減機構付き鋼製扉「エア・バランサー」です。

消防法と建築基準法における加圧防排煙設備の規定範囲

一般的な防火扉

通常、加圧防排煙作動時に扉の開閉力・100N以下とするためには、防火ダンバーなどの圧力調整装置の設置が必要ですが、付室の条件により防火ダンパー等の必要面積の確保、意匠性、コストなどの設計上の課題が生じていました。

エア・バランサー

そこで、扉単体で火災時の避難経路の安全性を確保し、圧力差による開閉力を軽減する扉を開発しました。

※圧力調整装置の設置は条件、区画面積などにより変わります。

エア・バランサーの開閉方式

平常時

加圧防排煙作動時

エア・バランサーの特長

軽い操作力

防火区画と区外圧力差が500Pa時であっても開放軽減機構により100N以下の力で扉を開放できます。

表彰

エア・バランサーは平成25年、消防防災機器等の開発・改良に関する表彰(通称:消防庁長官表彰)で「優秀賞」を受賞しました。

消防ホース通過口

消防関係者が消火活動を行う際に、消防ホースをエア・バランサーの下部に通すことで、開け閉めのたびにホースが挟まれることがありません。

エア・バランサーの仕様

開閉方式

枠製作範囲表(mm)

仕様(枠)

仕様(扉)

使用金物例

設計上の注意事項

※物件ごとに付室の大きさ、形状、給気口の設置位置により、発生差圧が変化します。本製品単体のみで差圧影響を解消できない場合があります。
※加圧防排煙設備の給気口位置により扉面に直接風が当たり扉が閉まらない場合、圧力調整装置の増設、もしくは給気口の位置変更が必要です。