高速シートシャッター

  1. トップ
  2. シャッター
  3. シートシャッター・ビニールカーテン
  4. 高速シートシャッター
  5. 大間迅マジック
大間迅マジック

シートシャッター・ビニールカーテン大間迅マジック

ジッパーを使用した屋外・屋内兼用タイプ。オプションが豊富でオールラウンドに対応します。

屋内・屋外兼用
設計範囲(W)1.2m〜6.0m、(H)1.0m〜5.5m

制御盤を本体に内蔵

従来、製品本体と別に設置していた制御盤をボックス内部とレールに設置したことで、壁面の取付スペースが不要となりました。また、配線・配管工事も不要で、工期の短縮につながります。

業界最小寸法のレール・ケース幅

外付けモータが「チューブラモータ」に、カウンターウェイト方式が「巻取バネ方式」になり、取付スペースが小さくなりました。メンテナンススペースの確保や、大きな間口に対応する製品へのリニューアルなど、スペースの有効活用ができます。

高速開閉

通常シャッターの10倍以上のハイスピードで開閉し(当社比)、作業効率を高めるばかりでなく、空調効果を保持し虫や塵等の侵入を防止します。

上昇時 1.2m/sec
下降時 1.2m/sec

高気密設計

躯体部とレール部を密着させ、さらにガイドレールとガイドシールにより、ガイドレール部からの空気の洩れを防ぎ、気密性を高めています。
ボトムシートのめくれ防止に柔らかいウエイトが入っています。マジックはオプションで、下端パイプ・下端チェーンを用意しています。

高耐風圧設計

全閉時だけでなく閉める際に風を受けても高い耐風圧性能を発揮します。

自動復帰(セルフリペアリング方式)

フォークリフトなどの車両をぶつけてしまった際に、ガイドレールから抜け出したシートが一回巻きあげることで復帰する方式です。車両やシートの破損を防ぎ、補修費などの経費削減につながります。

パイプレス構造

シート素材は柔軟なポリエステル製です。万が一下降時に人や商品が挟まれてもショックは少なく、しかもシート部に補強パイプが組込まれていないパイプレス構造のため、安全性が高く、物や〈大間迅〉の破損を防ぎます。ボトムシートのウエイトには柔らかい素材を使用。万が一挟まれてしまった場合のショックを最小限に抑えます。

障害物感知装置

シート下降中に人や車両が出入りして光軸を遮ると、シートは反転上昇し上限で停止します。自動モードの場合は、設定された時間が経過すると、シートは自動的に下降します。人や車両が光軸を遮っている間は、シートは下降しません。手動モードの場合は、シートは上限で停止します。

強制駆動方式(特許取得済)

シートを強制的に下降させる機構とし、どんな条件下でも作動するよう確実性を高めました。高耐風圧性能・動作耐風圧性能を実現することで、強風時や内外差圧用途での安定作動につながり、更なる安全性が確保できます。

機構部のメンテナンス

ケース下面に点検口を設置しました。原点センサ等のメンテナンスが可能です。

気密性能

開閉速度

上昇時1.5m/sec
(1.1m、0.75m/secが設定可能)

下降時0.8m/sec
(0.6m、0.4m/secが設定可能)

※耐久性:50万回開閉
(消耗部品、既定のメンテナンスを実施した場合)

使用環境

温度
本体:±0〜40℃
制御盤ユニット:-20〜70℃
接続ユニット:-20〜70℃
操作盤ユニット:-10〜40℃
※結露、凍結のないこと。 湿度
本体:85%RH以下
制御盤:85%RH以下
※雨がかからないこと

耐風圧性能/耐風速性能

設計範囲

シートたわみ量

制御盤・開閉機諸元

製品重量

非常時の脱出

光電センサ

不透明シート

キャロットオレンジ

リーフグリーン

ミルキークリーム

ヨゴレズグレー

インディゴブルー

半透明シート

バグバスター(防虫・抗菌)

シカイクリア

不透明シート

フネンオレンジ

フネンアイボリー

メッシュ

ターフグリーン

明かり窓(オプション)

防虫タイプ(オレンジ)

透明タイプ

シート材物性表

標準納まり図

屋外設置の場合

防虫、防塵、空調保持など、屋外と接した開口部に最適な効果を発揮します。

ホコリだまりを防ぎ、 清潔さを保ちたい 作業室の通用口に

虫の侵入を避けたい 開口部に

ケース上部にほこりが溜まるのを防ぎ、室内環境の衛生を保ちます。この施設ではバグバスターとの併用でさらに防虫効果を持たせています。

マジック+バグバスター
採光が必要でかつ屋外からの虫の侵入を防ぎたい開口部には、虫が感じる光の波長をカットするバグバスターをおすすめします。虫が感知しない可視光線のシートを採用することで作業環境を快適に保ちます。

屋外・屋内の出入りが 頻繁な開口部に

マジック[M3]+オーバースライディングドア
作業中は高速開閉の〈大間迅〉によって作業の効率をアップするとともに、外気を素早く遮断するため空調保持や防寒に役立ちます。オーバースライディングドアの閉鎖によって、防犯性能を高めることができます。

作業終了後の防犯対策にも 配慮したい開口部に

マジック+重量シャッター
商品デリバリーが頻繁な開口部には、高速開閉で作業効率をアップする〈大間迅〉が最適です。作業終了時は重量シャッターにより防犯対策も安心です。

屋内設置の場合

精密機械や食品の製造現場、冷凍・冷蔵倉庫など、衛生管理・温度管理が求められる場所にも対応します。

衣服についた付着物を 防ぎたい通用口に

衛生的な屋内環境を 保ちたい通用口に

大間迅マジック+エアフェンス
高速開閉による防塵効果はもとより、センサ連動によるエアーフェンスによって防ぎます。人を感知すると強風が吹きだし、衣服についたホコリや虫を払い落とします。

大間迅+手洗い連動
標準の押しボタンスイッチ、リモコン、非接触スイッチの他、センサによって手洗いをしないと開閉しないようにコントロールすることも可能。この施設では手洗い後どこにも触れることなく出入りができ衛生的な環境を保っています。
操作方式は用途によりお選びいただけます。

空気の流出入を 最小限に抑えたい場所に

インターロック制御
汚泥再生処理センターで悪臭の屋外への流出を防ぐために採用されています。併設された2台の〈大間迅〉で、一方が閉まっていない時はもう一方を開かないように制御しており、高速開閉・高気密設計に加え悪臭流出対策の効果を発揮しています。

大間迅以外の開口部で 特に空気の漏れを防ぎたい場所に

マジック[M3]+マジックで区画形成
重量シャッターやオーバースライディングドアが設置されている開口部の前で〈大間
迅〉によって前室を形成し、屋内の空調保持効果を高めています。開口部の広さにより異なるタイプをご用意しております。

このシリーズの製品

大間迅マジック[M3]

大間迅マジック[M3]

高速開閉・高気密の性能を保ちながら、シリーズ最大間口10m(屋内)に対応します。

屋内・屋外兼用
設計範囲(W)5.5m〜10.0m、(H)1.8m〜5.0m