防爆シャッター

  1. トップ
  2. シャッター
  3. 重量シャッター
  4. 防爆シャッター
防爆シャッター

重量シャッター防爆シャッター

可燃性ガス、化学薬品を取り扱う場所に設置する防爆構造シャッターです。

防爆構造

●電動開閉機、制御盤、リミットスイッチ、光電管センサに特殊な防爆構造を施しています。
● 耐圧防爆に対応したシャッターです。耐圧防爆と安全増防爆の両方をカバーします。

用途

●可燃性ガス(爆発性蒸気)等が存在する場所の開口部
※ F-86、F-85 スラットは雨が当たる場所ではご使用できません。
※ F-86、F-85 スラットを外部に使用する場合は、雨が直接当たらないように、軒等が必要になります。
※防爆シャッターは条件により防火設備に対応します。詳しくは営業担当にご相談ください。

特長

● 電動開閉機、制御盤、リミットスイッチ、光電管センサに特殊な防爆構造を施し、法基準をクリアしています。

関連法規

〔労働安全衛生法施行令318条〕
工場等において、爆発または燃焼するのに十分な量のガス蒸気もしくは粉じんが生ずる場所に使用する電気機器は点火源とならない様に構造上、回路上、特別に設計されたものでなければならない。また、それらの防爆構造の電気機器は、機械等検定規則の検定を受け、合格したものでなければならない。
〔その他〕
JIS C 0930「電気機器の防爆構造総則」/ JIS C 0931「電気機器の耐圧防爆構造」
JIS C 0932「電気機器の内圧防爆構造」/ JIS C 0933「電気機器の油入防爆構造」
JIS C 0934「電気機器の安全増防爆構造」/JIS C 0935「電気機器の本質安全防爆構造」

当社の防爆シャッターは危険場所が第1 種場所、第2 種場所に該当し、かつ「ガス蒸気の危険度による分類」の対象となるガスが存在する場所に適用します。

危険場所の分類

電気機械器具防爆構造規格による分類

代表的な爆発性ガスの爆発等級および発火度

防爆シャッターの適用範囲

当社の防爆シャッターは耐圧防爆構造では(d2G4)、 安全増防構造では(eG3)に適用できます。

スラット

部材構成

開閉機

電動式

操作

電動式

●防爆制御盤  
●防爆外部押しボタンスイッチ

基本性能

<耐風圧性能>

建物内部150Pa、建物外部500Pa
※この耐風圧性能値は目安であり、お客様が必要な耐風圧性能とそれに該当する製品につきましては当社営業員にご相談ください。

<設置環境条件>

・周囲温度 -10℃〜+ 40℃(凍結を除く)
・周囲湿度 RH85%以下
・周囲環境 化学工場などの有毒ガスによる空気汚染地域や粉塵発生環境、沿岸地域などの腐食が進みやすい環境を除きます。

<設計耐用年数および回数>

・設計耐用年数 15 年
・設計耐用回数 10000 回開閉
※「設計耐用回数・年数」は保証値ではありません。保証期間については「製品保証」を参照してください。
※「設計耐用回数・年数」はお客様による適切な維持・管理とお手入れを行い、かつ専門技術者による定期的なメンテナンス(定期交換部品の交換、注油、調整など)を実施した場合の数値です。なお、沿岸部、温泉地帯、化学・薬品工場などの腐食性環境や、大気中の砂塵、煙などが商品に付着する場所、および 高温、低温、多湿などの使用環境下では、記載数値を満足しないことがあります。
※沿岸地域等の腐食環境では、ステンレス部材の使用をおすすめします。