快適空間設計工房Product workshop

重量シャッター

  1. トップ
  2. シャッター
  3. 重量シャッター
  4. 袖扉連動型 防火/防煙シャッター|ポールレスコンビ
袖扉連動型 防火/防煙シャッター|ポールレスコンビ

重量シャッター袖扉連動型 防火/防煙シャッター|ポールレスコンビ

平常時は固定方立の無い広々としたスッキリ開口を実現し、防災上の空間設計の自由度に貢献します。

平常時の意匠上の印象を損なう視界や通行の妨げとなっていた固定方立を無くす

4つのポイント

ポールレスコンビの作動フロー

用途

●建築基準法の面積区画(防火シャッター)
●竪穴区画(防火 / 防煙シャッター)
●エレベーターホール乗り場前の区画(防火 / 防煙シャッター)
●用途の異なる部分の異種用途区画

特長

●避難用子扉付防火扉の戸先に防火/防煙シャッター用のガイドレールを組込むことで、平常時の意匠上の印象を損なう視界や通行の妨げとなっていた固定方立を無くしました。
●火災時には、煙(熱)感知器の信号により壁側に収納されている袖扉が回転閉鎖・ロックされ、続いて防火/防煙シャッターが自重降下・全閉して防災区画を形成します。

スラット

国土交通大臣認定

※1 袖扉下部の遮煙材(ゴム)あり

部材構成

開閉機

危害防止装置

●コードリール(電気制御式)

操作

電動式

● 3点式押しボタンスイッチ
● 火災発生時、防災盤からの信号を受けて自動閉鎖、または手動閉鎖装置の非常ボタンを押して閉鎖
●リモコン(セレカード)

手動式

● 火災発生時、防災盤からの信号を受けて自動閉鎖、または手動閉鎖装置の非常ボタンを押して閉鎖
● 巻き上げはハンドル式(チェーン式はオプション)

基本性能

< 遮炎・遮煙性能 >

防火設備シャッター、防火ドア、非常口ドア、窓用防火パネル、排煙窓、防煙たれ壁などの防火防煙設備(開口部品)を煙(熱)感知器と連動させ、火災発生時に防火防煙の機能を果たします。火災感知器、連動制御器あるいは連動操作盤、予備電源装置、自動開閉装置等の独立した機器の集合体を使用し、火災発生→閉鎖までの監視と制御を行います。各構造部と総合システムは昭和48年建設省告示第2564号に適合する性能を有しています。

<耐風圧性能>

建物内部 150Pa
※建物内部であっても外部の風の影響を受ける場所には設置できません。また、自然排煙および機械排煙を行う区画にあっては、圧力調整を行うなどにより圧力差 150Pa 以下としてください。シャッターにかかる圧力は全閉鎖完了後にかかるようにしてください。
※この耐風圧性能値は目安であり、お客様が必要な耐風圧性能とそれに該当する製品につきましては当社営業員にご相談ください。

<設置環境条件>

・周囲温度 -10℃〜+ 40℃(凍結を除く)
・周囲湿度 RH85%以下
・周囲環境 化学工場などの有毒ガスによる空気汚染地域や粉塵発生環境、沿岸地域などの腐食が進みやすい環境を除きます。

<設計耐用年数および回数>

・設計耐用年数 15 年
・設計耐用回数 電動式 10000 回開閉、手動式 1500 回開閉
※「設計耐用回数・年数」は保証値ではありません。保証期間については「製品保証」を参照してください。
※「設計耐用回数・年数」はお客様による適切な維持・管理とお手入れを行い、かつ専門技術者による定期的なメンテナンス(定期交換部品の交換、注油、調整など)を実施した場合の数値です。なお、沿岸部、温泉地帯、化学・薬品工場などの腐食性環境や、大気中の砂塵、煙などが商品に付着する場所、および高温、低温、多湿などの使用環境下では、記載数値を満足しないことがあります。

このシリーズの製品

防火/防煙シャッター

防火/防煙シャッター

火災時の有害な煙や熱の発生を感知し、自動的に閉鎖。安全な避難経路を確保します。

ポールレス防火/防煙シャッター

ポールレス防火/防煙シャッター

ガイドレール中柱を可動・2つ折り方式にし、平常時はポールレスのスッキリ空間を実現します。