文化シヤッター 重量シャッター|セレスクリーン

優れた遮炎・遮煙性と透光性を有するシリカクロス採用の<セレスクリーン>は防災設計の自由度をひろげます。

◆国土交通大臣認定を取得しています。

BJ型・BCW型・BC型 BH型  
認定番号 認定番号 認定の種類 根拠条件
EA-0193(スチール) EA-0106(スチール) 特定防火設備 建築基準法施行令
第112条 第1項
EA-0348(ステンレス) EA-0347(ステンレス)
CAT-0515
自動的に閉鎖または
作動する防火設備(面積区画)
建築基準法施行令
第112条 第14項第1号
CAS-0461 CAS-0462 自動的に閉鎖または作動し、
遮煙性能を有する防火設備(竪穴区画)
建築基準法施行令
第112条 第14項第2号
CAS-0460
エレベータホール(乗場前)の
空間を含めての区画
建築基準法施行令
第112条 第14項第2号
特徴1:火災時に遮炎・遮煙性能を発揮
  • 優れた遮炎・遮煙性能を有するシリカクロスを採用。従来の鋼製防煙シャッターと変わらない遮炎・遮煙性能を備えています。
  • 熱(煙)感知器と連動して防火・防煙区画を形成します。
※スクリーンは布製ですのでしわが生じる場合がありますが、遮炎・遮煙性能上の問題はありません。
作動フロー
特徴2:透光性のためパニックを解消
  • 火災時にスクリーンを通して反対側の火災状況を察知できるため、閉鎖感によるパニック状態の緩和に効果的です。
反対側の火災状況を察知できる
特徴3:軽量かつコンパクト設計
  • スクリーン重量は約0.4kg/m2鋼製防火/防煙シャッターに比べ約20分の1と極めて軽量のため、建築物への影響が少なく、また施行の省力化につながります。
1/20
特徴4:スッキリ納まり
  • ガイドレールの溝幅は11mmとスリムなため、レール部の意匠性は高くスッキリとした仕上がりです。
11mmとスリム
特徴5:避難口タイプの避難方法

降下してきたスクリーンの避難口の…

手前のスクリーンを引き開けて…

奥のスクリーンを押し開けて滑り込み、反対側へ脱出します。

 

特徴6:危害防止装置を標準装備

挟まれ事故を防止する危害防止装置を標準装備。人などの障害物を感知するとシャッターが停止、約10秒後に再降下を開始し、完全に閉鎖します。

火災感知/閉鎖
障害物感知/停止
障害物除去/最降下
遮炎・遮煙/全閉

※危害防止装置の連動中継器を設置しており、非常用電源に使用する蓄電池は4〜5年毎に交換が必要です。